ミソジノジスイ

21/06/24(Thu)

今日はトマトの支柱の付け替えをしました。トマトの苗って無限に伸びるので、支柱が必須なのですが、その高さにも限界があります。うちでは2m程のを使っているのですが、そこから更にはみ出るようになってしまい、上の方は手が届かないので脇芽かきすら出来ません。ですんで、一旦支えに固定してあるビニタイを全部外し、下の方が折れないように注意しながら全体を下げ、再びビニタイで止めるという作業が必要です。コレがキュウリだったら先端を切って縦への成長を止めても何ら問題はないのですが、トマトの場合はメイン枝の先に先にと実がつくシステムなので、先端を切って成長を止めると即ち実も出来なくなって本末転倒なのです。

そして当然のようにやらかしました。全体を下げて幹に限界以上の負荷がかかると折れます。ポキっという嫌ーな音がすると最悪。今回は10本中1本失敗しました。ただ、今回で何となく折れる法則が分かった気がするので、来年はもう少し勝率を上げられるんじゃないかと思います。ちなみに折れた幹も結構大丈夫。ヘアピン状態になってしまったヤツをガッと伸ばして適当な棒切れを当て、ビニールテープでグルグル巻きのギブス状態にしてやれば、骨折と違って元に戻ることはないですが、水と養分は問題なく上に送れたりします(勿論運が悪いとそのまま枯れますが…)。紐で釣って小まめ&手軽に苗全体を下げられるシステムを考えているのですが、メリットデメリットでなかなか難しいのですよね。

ツイッター始めました


copyright by ミソジ since 2004/04/28:
リンクフリー。